粒レメディのとり方

● 砂糖玉の粒レメディは、舌下に入れて溶けるのを待つ

砂糖玉の粒レメディは、舌下で溶かすことで早く浸透します。

一般的にレメディを摂る20分前後は、口の中に何も入れないことが望ましいのですが、時間にゆとりのないときは20分以内でも構いません。レメディの情報がなくなるということはありません。

ただし、コーヒーや香りの強いもの(ミントが含まれている歯磨き粉など)は、レメディに影響を与えることがありますので、レメディを摂る前後20分は避けましょう。また、樟脳、メンソール、ユーカリなどの香りが強い場所ではレメディの保管は避けましょう。

● レメディをとる本人以外は直接触れない

レメディをとる本人以外は、レメディに直接手で触れないようにしましょう。

レメディに直接触れると、触れた指からも多少のエネルギーが入ると言われています。また、触った人の汗など、別の情報が付加されることもあるようです。

しかし、レメディの情報は表面だけにあるものではありません。母液は砂糖玉に染み込んでいますから、あまり神経質になる必要はありません。状況に応じて取扱いましょう。

自分でとることができない場合や、赤ちゃん・動物などに与える場合には、周囲の人が手に取って口に入れてあげてください。時間に余裕があれば、お水にレメディを溶かし、スプーンなどで飲ませてあげる方法もおすすめです。

粒レメディのとり方

● 必要なときに適切なレメディを

レメディを習慣のように取ることは避けましょう。

必要に応じて、適切にお使いください。